着物着付けの肩幅が広い!いかり肩をなで肩に!着痩せのコツ!動画で

着物を着て、

肩幅が広く見えるなぁ~

肩が張っているなぁ~

と、肩幅が狭くてほっそり見える着姿に憧れることありませんか?

実は、この肩のお悩み、着付けのコツで解決するんです。

  • いかり肩だから着物は似合わないと思っている人
  • 肩幅が広いことでお悩みの人
  • いかり肩がなで肩に見える着物の着方を知りたい人
  • 肩幅が狭くて着痩せして見える着付けのコツを知りたい人

ぜひ、参考にしてみてください。

 

目次

着物着付けの肩幅が広い!いかり肩をなで肩に!着痩せのコツ!動画で

男性の肩幅が広いと頼もしい、素敵ですが、女性の場合は・・・

しっかりとした肩幅、肩ラインよりも、スルリと滑り落ちるような、なで肩のラインに憧れますよね。

いかり肩がなで肩に見える着物の着方のコツが、2つあります。

動画でみてみましょう。

  1. 肩山の線が肩に乗っている
  2. 肩に乗っている着物の幅が広い

こういう着方をすると、肩しっかり!

なので、この逆のことをして、なで肩に見せましょう。

肩幅を狭く、なで肩に、ほっそり見せる2つのコツ

  1. 肩山の線を後ろへずらす
  2. 肩に乗っている着物の幅を狭くする

肩山の線を後ろへずらす

長襦袢を着る時に、衣紋をしっかりと抜いておくと、その上に羽織る着物の肩山の線が、後ろへずれます。

肩に乗っている着物の幅を狭くする

衿をゆったりと、衿を首から離して着てみてください。

衿を首から離す → 肩に乗っている着物の幅が狭くなる → 肩幅が狭く見える

というワケです。

 

では、長襦袢を着る時に、衣紋を抜いて衿を首から離す着方のコツを動画でみてみましょう。

 

 

ところで、美容家のIKKOさんの着物姿ですが、スルリと滑り落ちるような美しいなで肩のラインですよね。

でも、IKKOさんの洋服姿では、しっかりと肩幅があります。

着付けでなで肩に見せておられるのですね。

 

  • 衣紋を抜く
  • 衿を首から離す

 

やりすぎると、夜のお商売の人になってしまうので注意ですが、

目指せ!なで肩ライン!

イメージするなら、IKKOさんの着物姿です。

目指せなで肩ライン!

(引用サイト:いち利

 

以上、着付けでなで肩に見せるコツを紹介しましたが、あともう一つ。

姿勢も大事。

猫背にならないように注意して、肩を後ろに落とします。

肩甲骨を寄せるイメージです。

 

IKKOさん & 肩甲骨よせ

で、ほっそり着姿を手に入れてください!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!