着物の太って見える!お尻デカを解決!細見えと後姿綺麗のコツ!動画で

せっかく着物を着たのに、なんだか太って見えるわ~~

という残念なことありませんか?

今回は、着物の着姿を、スッキリ細見え!

その簡単にできるコツをまとめてみました。

  • 着姿が太って見える
  • 細く痩せて見せたい
  • 着姿に着慣れ感を出したい
  • 後ろ姿を綺麗にしたい
  • 貫禄がついてきたお腹やお尻を目立たなくしたい

というあなたはぜひ、参考にしてみてください。

 

目次

着物の太って見えるを解決!帯を○○するだけ!細く痩せて見える簡単なコツ!

帯の上辺に隙間を作るだけ!

着物を着付けた後に簡単にできるおすすめの方法です。

簡単!すぐにできて、これだけで大きく変わりますョ♪

着姿ほっそり細見え!特にお腹回りや腰回りがスッキリと見えます。

正面から見ると変化がわかりにくいかもしれませんが、姿見で横の姿を見てみましょう。

帯の下から上に向かって斜めになるように、帯の上辺に隙間を作ります。

これが逆に、上から下に向かって斜めになると、なんだかもったりとした着付け、太って見えてしまいます。

帯締めもVの字をイメージして、不自然にならない程度に中心を下げましょう。

細見えのコツは、です!!

 

着物の太って見える、お尻大きいを解決!裾すぼまりで後ろ姿綺麗!

ペンシル(鉛筆)型スカート(裾に向かって細くなる)をイメージしましょう。

「裾すぼまり」にすることで、特に、後ろ姿に効果が表れます。

上述の帯のコツも一緒にすることで、腰やお腹回りの下半身がスッキリ!後ろ姿が綺麗に映ります。

裾すぼまりにするコツは、下前を合わせる時の右手の動きです。動画で注目してみてください。

 

今回は、着姿が太って見えるを解決!細見えの簡単なコツを紹介しました。コツは、

の字 と 鉛筆

 

細見えのシルエットは「着慣れ感」

あの人、お着物、着慣れたはるゎ~~

という感じも出せますョ♪

自分の着姿にうっとりするぐらい着物を楽しみましょう♪

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!