半幅帯の文庫結び下がる!緩む!伊達締め見える!後ろ姿綺麗のコツ!

2021-07-18

半幅帯の結び目が下がってきて、背中で帯板や伊達締めが見えている・・・・・

こんな着物や浴衣の後ろ姿、残念!惜しいです!

ちょっとした簡単なコツで解決します!

 

目次

文庫結びの結び目リボンを高い位置でキープ!補正なしで!結び方のコツ!

半幅帯の結び目が下がってきて、背中で帯板や伊達締めが見えている・・・・・

特に、文庫結びでありがちな残念!ですね。

ハンドタオルかてぬぐいを小さく折り畳んで、結び目の下に押し込んで枕にする、という補正のやり方もありますが、そんなことしなくても結び方次第で解決します!

次の文庫結びの動画をみてみましょう。

リボンが背中にピタッとくっついて高い位置でキープ、結び目が下がってこないようにするコツが2つ。

 

  1. タレの2度折り
  2. 手先でロック!

 

コツ其の一は、タレの2度折り。

文庫結びを高い位置で結ぼうとして、帯の上の方で結ぶ、そのお気持ちはわかるのですが、その際、帯にたるみがあると、帯が下がってきます。

結ぶ時にいくら頑張って上の方で結んでも、時間が経つにつれ下がってくるんですね。

つまり、帯が下がる原因は「たるみ」

たるみ → 緩む → 下がる

となるのです。

動画の4分45秒ぐらい~注目しましょう。

手先とタレを交差する時、タレのたるみを無くすために、タレを2度、折り上げます。

こうすることで、タレの折り目が、たるみが無く真っ直ぐ、綺麗に折り上がります。

頑張らなくても、自然と高い位置で結び目を作ることができます。

 

コツ其の二は、手先でロック!

タレを2回折り上げて、手先とタレを交差しました。

そして、リボンを作る流れになるのですが、その前に!

動画の6分30秒ぐらい~注目しましょう。

手先とタレを交差してできる結び目に、手先を下から通して引き上げます。

手先で結び目にロック!

これで結び目が固定されて下がってくることがありません。

今まで、手先とタレを交差するだけだった人は、

 

  1. タレの2度折り
  2. 手先でロック!

 

この2つのコツを、ぜひ、やってみてください。

そして、最後は、余った手先を帯の中に入れてリボンの土台にしましょう。

 

長い半幅帯も下がらないコツ!

  1. タレの2度折り
  2. 手先でロック!

文庫結びや文庫結びのアレンジは、この2つのコツで帯が下がりにくくなります。

しかし、最近は4m以上ある長い半幅帯で変わり結びをすることが多いですね。

長い半幅帯を使った時に、帯の重みで下がってくるということがあります。

長い半幅帯でアレンジ結びをした時は、2つのコツ、プラス、仮紐などで結び目をサポートしてみましょう。

 

動画のポイント①帯を結ぶ時に帯の上側で結ぶ

先述したように、タレを2度折り上げると、楽に、帯の上のほうで結ぶことができます。

 

動画のポイント②帯結びの結び目を横から縦にする

縦にロックするだけでも引き締まりますが、先述の動画のやり方をするとさらに引き締まりますよ。

手先とタレを交差してできる結び目に、手先を下から通して引き上げてロック!

ロック!ロック!ロック!

と覚えておきましょう。

 

動画のポイント③長さがある帯は仮紐を使ってサポートする

長い半幅帯を結ぶ時には、先述の2つのコツで結び目を引き締めることに加えて、仮紐などで結び目を支えましょう。

仮紐ではなく、帯揚げを使うのもおすすめです。

  • 結び目を支える
  • 帯回りを華やかに飾る

一石二鳥ですね。

 

まとめ

帯が下がりにくくなるコツ

  • 手先とタレを交差する時、タレを2度折り上げる
  • 手先とタレを交差した後、手先を結び目の下から通して引き上げてロック!
  • 仮紐で結び目を支える

 

帯が高い位置にあると、背中が小さく見えて、スッキリ、着物や浴衣の後ろ姿がとても綺麗になります。

簡単にできるコツなので、ぜひ、試してみてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!

着付け,

Posted by tomo