着物の着方!初心者の自分ひとりで動画で!おはしょり一重上げと衿元スッキリのコツ!

2020-05-11

着物を自分ひとりで着たい!

着物生活をゼロからはじめる人へ、着物着付けのわかりやすい動画や簡単なコツをまとめました。

今回は、着物の着方の上半身で、おはしょりと衿合わせの整え方にクローズアップ!

 

着物着付けに必要なものや全体の流れを知りたいというあなたは、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

目次

着物着付けの上前?下前?

着物着付けを始めると、今までに聞いたことがない単語に???

となることが多いと思います。

よく登場する「上前(うわまえ)」と「下前(したまえ)」について説明しておきましょう。

上前(うわまえ)は、着物を着て、前を合わせた時に上になる部分。着付けの時は、左手に持っている方です。

下前(したまえ)は、着物を着て、前を合わせた時に下になる部分。着付けの時は、右手に持っている方です。

右手に持っている方を先に合わせます。

 

着物初心者の自分ひとりで簡単着付け!衿の合わせ方

裾合わせをして下半身の着付けができたら、おはしょりと衿を整えます。

下半身の着付けは、こちらの記事にまとめています。

 

おはしょりをすっきりさせる「一重上げ」というやり方があるのですが、まずは、衿の合わせ方を練習してみましょう。

衿を合わせる手順を、ザクっと。

  1. 身八つ口に両手を入れて、後ろのおはしょりを整える
  2. 上前と下前のおはしょりを整える
  3. 下前の衿を整える(この時に、一重上げ、後で説明)
  4. 上前の衿を整える
  5. 腰紐を結ぶ
  6. 背中のシワを取る

おはしょりを整えるとは、おはしょりの下線を整えることです。

ぐちゃぐちゃな上半身を、まずは、おはしょりの下線を整えて次に進みましょう。

衿を整える時に、長襦袢の半衿をどのくらい見せるかはお好みです。

チラ見せ、多めに見せる、お好みでやってみてください。

下前の衿を整えるところで「一重上げ」をしますが、初心者さんは、まずは衿合わせができたらOKです。

腰紐を結んだら、背中のシワを取りましょう。これが大事!

背中側の生地は力を入れて引っ張っても大丈夫なので、しっかりとシワを取り除きましょう。

背中心がずれている、シワがある後ろ姿は残念です。

 

おはしょりの整え方!ゴワゴワ・もこもこ膨らむを解決!スッキリ一重上げ!

おはしょりの「一重上げ」をみてみましょう。

下前の衿を整える時に「一重上げ」を行います。

次の動画の2分30秒ぐらいからが「一重上げ」です。

綺麗な衿合わせとおはしょりが簡単にできるようになるわかりやすい動画ですので、上半身の着付けの練習におすすめです。

着付けは、

  • 衿合わせ
  • 背中心が背中の真ん中を通っている
  • 背中のシワが取れている

ができていれば、OK!

スッキリおはしょりは、オプションです。

 

でも、おはしょりがゴワゴワ、もこもこ膨らんでいる・・・

と、気になるあなたは、おはしょりの「一重上げ」を試してみてください。

おはしょりが膨らむ原因は、下前と上前の生地が重なっているからです。

生地の重なりを無くすと、ゴワゴワ、もこもこがスッキリします。

生地の重なりを無くすために、下前を折り上げるのが「一重上げ」です。

 

一重上げのコツ

  • 一重上げの前に、下前と上前のおはしょりの下線を揃えておく
  • 下前の生地を折り上げた延長線上が、上前の線と合うようにする

 

一重上げをして、上前の衿を整え、腰紐を結んで、背中のシワを取ったら

完成♪♪♪

 

伊達締めをする、しないはお好みです。

伊達締めをする、しない、どんな伊達締めを使うのか、いろいろ試してみて、あなた好みの着付けをみつけましょう。

いろいろ試してみたワタクシのおすすめは、たかはしきもの工房「三賢伊達締め」です。

腰紐と伊達締めが合体した便利グッズです。

腰紐の代わりにこの「三賢伊達締め」を使うと、衿合わせが腰紐を使うよりも落ち着きます。

さらに!おはしょりが長い場合には、おはしょりの調整もこれでできるので、一本三役の優れものです。

 

今回は、着物の着方で、上半身でした。

衿合わせとおはしょりにクローズアップしましたが、上半身の着付けの綺麗のコツは、

背中

です。背中心の位置とシワが取れているかに注意しましょう。

着付けって、いろんなところが気になりますが、初めのうちは細かいことをあまり気にせず、要所をおさえてとにかく、着る!

着ることを積み重ねていきましょう。

そして、半衿の見え具合や、おはしょりの綺麗さなどは「着るの積重ね」の中で、あなた好みのもの、ぜひ、あなたの着姿、スタイルを発見していってください。

どんどん着物、着よう!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!