着物初心者の自分で動画で着付け!長襦袢の着方!衣紋抜きや着崩れしないコツ!

2020-05-11

着物を自分ひとりで着たい!

着物生活をゼロからはじめる人へ、着物着付けのわかりやすい動画や簡単なコツをまとめました。

今回は、着付けのなかで、長襦袢の着方にクローズアップ!

 

着物着付けに必要なものや全体の流れを知りたいというあなたは、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

目次

着物初心者の自分で動画で着付け!長襦袢の着方!衣紋抜きや着崩れしないコツ!

長襦袢の着方を【超シンプル】【完全版】でみてみましょう。

【超シンプル】

【完全版】

 

【超シンプル】【完全版】両方を見ると、【超シンプル】のほうはホンマに、シンプルでしたね。

例えば、長襦袢のはおり方。【超シンプル】では「はおり方は何でもいい」

何でもいいんです!!!

着物初心者さんに大事なことは、とにかく、着る!

とにかく、着てください!

【超シンプル】動画を見ながら、聴きながら、着る、

【完全版】で細かいポイントをおさえる、

という2つの動画の使い方をしてみてください。

長襦袢の着方のコツ!衣紋抜き簡単!着崩れしない!

長襦袢の着方のコツは、

衿合わせ

にあります。

 

衿合わせX

長襦袢

 

(そんな名前のドラマあった?)

衿の線で、アルファベットのX(エックス)を作りましょう。

着物を着始めるあなたを悩ませるもの、それは「着崩れ」です。

着崩れの原因は、着付けのシワ、たるみです。

シワとたるみが、時間の経過とともに着崩れとなります。

しかし、着物は直線の布地、身体は曲線。曲線に直線を合わせようとするとシワ、たるみが、必ずできます。

なので、シワとたるみがない着付けというのは不可能なんですね。

そこで、着崩れの原因となる部分だけのシワとたるみを取り除けばOKです。

長襦袢の着付けで、着崩れの原因となるのは、

  • 衿合わせのたるみ
  • 腰紐より上のシワ

です。

 

たるみのない衿合わせのコツ

たるみのない衿合わせのコツは、

肩に向かって右→左の順で衿を合わせること、

そして、衿元から衿先まで真っ直ぐ

衿合わせXです。

 

右→左の順で衿合わせをするときに「肩に向かって」ではなく、真横にスライドするように合わせると衣紋が潰れます。

衿合わせは、肩に向かって胸を覆うようにして衿を合わせましょう。

 

そして、喉元や衿元を気にしがちですが、その先の、衿先までを意識して、衿元から衿先までを真っ直ぐにしましょう。

衿先にたるみがあると、後で衿合わせが崩れます。

 

腰紐より上のシワを取り除くコツ

腰紐より上のシワは、後でたるみとなり着崩れとなります。

腰紐よりのシワだけを取り除けばOK!腰紐より下のシワは気にしなくても大丈夫です。

腰紐より上のシワを取り除くには、背中側で引っ張ります。力を入れて引っ張ってもOK!

背中側のシワを取り除けば、前側も綺麗になります。

前側にシワが残った場合は、引っ張りすぎないように、軽く引っ張って、たるみをとる程度にしておきましょう。

前側を引っ張りすぎると、衿合わせの崩れ、衣紋の崩れになります。

 

まとめ

  1. 長襦袢を着るコツは、衿合わせ
  2. 衿を合わせるとき、肩に向かって胸を覆うようにすると衣紋が崩れない
  3. 衿元から衿先までが真っすぐ、たるんでいないか確認
  4. 腰紐はアンダーバストギリギリで結ぶ
  5. 腰紐より上のシワを取り除けばOK

着物初心者さんにありがちな着付けの”落とし穴”は、いろんなところをペタペタと触りすぎることです。

コツがわからないと、どうしてもいろいろなところをペタペタ触りたくなりますよね。

「この部分にシワがあると着崩れになる」と想定して、要所さえ綺麗にしておけば、着崩れになりません。

今回の「長襦袢の着方のコツ」を参考に、練習、練習、とにかく着てみましょう。

コツは、(エックス)!!!

 

長襦袢の次は、着物、着よう!

着物の着方は、次の2つの記事にまとめています。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!