和菓子の方が太らない!ダイエット中におすすめ!効果的なやり方やコンビニ和菓子も!

2020-04-30

スイーツ大好き!

でも、太りたくない!

「甘いものは太る、けれども食べたい」

永遠のテーマですね。そこでおすすめなのが、

 

和菓子

 

今回は、和菓子の方がダイエットにおすすめな理由や効果的な食べ方、コンビニの和菓子もまとめてみました。

 

目次

和菓子の方が太らない!ダイエット中におすすめな理由

和菓子 ダイエット

和菓子と洋菓子のカロリーに注目!

ダイエットで気になるのがカロリー

まずは、おなじみの和菓子と洋菓子のカロリーを比べてみましょう。

【和菓子】

水ようかん 171

串団子 201

大福もち 235

もなか 285

【洋菓子】

ショートケーキ 344

ポテトチップス 554

チョコレート 513

ワッフル 256

ホットケーキ 261

(いずれも100gあたり 単位:kcal)

 

和菓子の方が、洋菓子よりもカロリーが低い傾向にありますが、

 

和菓子のカロリーもそんなに低くない

 

ということに注目です。

 

和菓子の方が太らないから、いっぱい食べても大丈夫!

 

なんて思ったらキケンです!

それでは、カロリー以外の成分にも注目してみましょう。

ダイエットの敵は脂質!

次に、脂質糖質に注目してみましょう。

【和菓子】

水ようかん   脂質0.1 糖質40.0

串団子     脂質0.4 糖質45.5

大福もち    脂質0.5 糖質52.8

もなか     脂質0.4 糖質65.6

【洋菓子】

ショートケーキ 脂質13.6 糖質47.1

ポテトチップス 脂質35.2 糖質54.7

チョコレート  脂質25.8 糖質63.1

ワッフル    脂質8.8 糖質36.0

ホットケーキ  脂質5.5 糖質45.4

(いずれも100gあたり 単位:g)

 

注目すべきは、脂質です。

洋菓子といって思い浮かぶのが、卵や生クリーム、バター。

これらは脂質を多く含む食品です。

洋菓子を食べる = 脂質と砂糖(糖質)を同時に摂取する

ということになります。

では、脂質と糖質を同時に摂取すると、どんなことになると思いますか?

脂質と糖質は同時に摂取すると、体内で、糖質が先に代謝されて、脂質は脂肪として蓄積されやすくなります。

恐るべし、脂質&糖質の組み合わせ!

なので、脂質の低い和菓子の方が、洋菓子よりもダイエットに向いているというワケです。

和菓子はグルテンフリーなものが多い

「グルテンフリーダイエット」

聞いたことありますか?

この「グルテン」とは、小麦やライ麦に含まれているたんぱく質で、血糖値を上げやすく、脂肪を溜め込みやすくしてしまう成分です。

また、ダイエットの弊害となる便秘を引き起こすというデメリットも。

「グルテンフリーダイエット」という、小麦を摂取しないダイエット方法も、数年ぐらいまえからブームとなりました。

スポンジケーキやドーナツなど、洋菓子では小麦も多く使われています。

一方、和菓子は、小麦を使用していないものがほとんどです。

グルテンにおいても、和菓子は洋菓子に比べて、ダイエットに向いているというワケです。

 

ダイエットに効果的な和菓子の食べ方

効果的なダイエットのポイントは、

 

食べるもの、食べる時間、お供の飲み物

 

にあります。

 

おすすめの和菓子

和菓子のなかでも、できるだけ薄皮のものや、食物繊維を多く含んでいるものがおすすめです。

小豆を原料としているあんこやが主体の和菓子は食物繊維を多く含んでいます。

食物繊維は便秘の解消にも効果的な栄養分です。

水ようかん

水ようかん

水ようかんは、水分が多いためカロリーも低く、あんこから作られているので食物繊維も多く含まれます。

くず餅

くず餅

くず餅も水ようかんと同じように水分を多く含む和菓子です。

ただし、くず餅は糖質が多いので、糖質を気にしている人は注意しましょう。

大福

大福の皮には、もち米から作られる白玉粉が使われているため低カロリーです。

また、あんこには食物繊維が豊富に含まれるので、栄養面でバランスをとることができます。

大福を選ぶ際には、砂糖控えめで、皮の薄いものがおすすめです。

 

NGな和菓子!

和菓子なら何でもOK!というワケでもないので注意が必要です。

控えたほうがいい和菓子をみてみましょう。

  • どら焼き
  • ぜんざい
  • おはぎ

これらは、カロリーが高かったり、小麦を使用しているので、和菓子でもダイエットに不向きです。

 

3時のスイーツタイム

ダイエット中だからといって、「3時のおやつ」を我慢していませんか?

実は、午後3時前後は、身体のリズム的に、脂肪が最も蓄積されにくい時間帯なんです!

3時のおやつを我慢した、でもやっぱり、何か甘いものが食べたい・・・・・

といって、他の時間帯に食べるよりも、3時のスイーツタイムを楽しみましょう。

また、夕食が遅くなりがちな人は、15時頃に何か食べておくことで、昼食と夕食との間が空きすぎて、内臓に負担がかかったり、夕食を食べすぎることの予防にもなります。

 

スイーツタイムの飲み物もダイエットのコツ!

お菓子を食べるときに一緒に飲むものに気を付けることで、より脂肪を蓄積しにくくすることができます。

緑茶

緑茶には、血糖値の上昇を抑える効果があります。

また、脂肪を分解する効果のある茶カテキンを多く含んでいるので、代謝が上がります。

おやつを食べる前に、温かい緑茶を飲むと、食欲を抑えることにもつながるのでおすすめです。

烏龍茶

どうしても脂肪分が多いお菓子を食べたいときには、烏龍茶がおすすめです。

烏龍茶には、脂肪を燃焼、分解してくれる働きがあります。

食中や食後に飲むのが効果的です。

 

ダイエットにおすすめなコンビニ和菓子

身近なコンビニからダイエットにおすすめな和菓子を選んでみましょう。

上述から、和菓子のなかでもダイエットに効果的なのは、

  • カロリー低め
  • 脂質低め
  • グルテン低め
  • 食物繊維を含む

でした。これらを踏まえてみてみましょう。

 

711さんに偏ってしまいました。

あなたおすすめの和菓子があったらぜひ、教えてください!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!