着物の簡単髪型!自分でできるまとめ髪ミディアムのやり方動画も!

着物を着たときの髪型はどうしよう?

美容室でセットしてもらえばきれいに仕上げてくれますが、着物を着るたびに美容室へ行っていたら時間とお金がかかっちゃいますよね。

この記事では、着物を着るときの髪をまとめるポイントや自分でできる簡単な髪型の動画を紹介します。

 

目次

着物の髪型まとめ髪をつくるときのポイント

ヘアセットは着物を着る前に

ヘアセットは着物を着る前に完成させておきましょう

着物を着てから腕を高く上げると、せっかくきれいに着つけた胸元にたるみができてしまいます。

また、スプレーやワックスなどの整髪剤が着物につくのも防げます。

まとめ髪をつくる位置・高さ

まとめ髪は低い位置に作ったほうが、大人っぽい落ち着いた雰囲気の「和服美人」に見せてくれて素敵です。

低い位置でまとめたときは、衣紋をやや抜き気味にしましょう。

まとめた髪と衣紋があたらないようにするためです。

衣紋に髪があたると、整髪剤が衣紋についてシミの原因となったり、まとめ髪に後れ毛ができて乱れやすくなったりします。

お好みにより、まとめ髪の位置を左右に振るのもいいでしょう。

いずれにしてもポイントは、髪と衣紋があたらないようにすることです。

 

簡単自分でできるミディアムのまとめ髪やり方動画

スタイリストさんに着物のヘアセットについてきいてみると、和装でも洋装でもどちらでもOKなまとめ方にする傾向にあるとのことでした。

盛り盛りにボリュームを出して、That’s 和服!という感じにすると、ちょっと、極妻になってしまうかも・・・

ヘアセットに時間をかけて着付けにも時間がかかるとなると、お出かけするまでにその日が終わってしまうかも・・・というのはちょっと大げさかもしれませんが、

気楽にカジュアルに普段のお出かけには、サクッと簡単にまとめましょう。

超簡単!とりあえずまとめる

着物に合う簡単まとめ髪

髪の長さによって三つ編みをしたりしなかったり、くるりんぱを1つにしたり2つにしたりといったアレンジをしてみるといいでしょう。

毛束と後れ毛の出し具合によって、カジュアル感とキチンと感が変わってきますので、お出かけ先のTPOに応じて変えてみましょう。

着物は、洋服よりもボリューム感が強いので、髪型もトップの髪を引き出してボリューム感をいつもより多めにするといいでしょう。

ヘアセットしたときに目立つアホ毛

ヘアセットの最後の仕上げにスプレーを・・・その前に!

髪表面から飛び出している短い毛、アホ毛、気になりませんか。

水スプレー、または濡らした手で髪表面を、ちょっとだけ湿らせてなでてから、ヘアスプレーで仕上げてみてください。

このちょっとしたことだけで、アホ毛が目立たなくなります。

 

特別な日には、美容院でスタイリストさんにしていただくといいですが、普段のお出かけには、サクッと自分でまとめ髪を作っちゃいましょう!

「ヘアセット、メイク、着付けで1時間!」が目標です。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

おおきに!