着物の雨対策!雨コートがない!100均の代用品や雨に強い着物も!

2019-03-31

週末のおでかけは着物で。

しかし、天気予報は生憎の雨、洋服にしておくか・・・

いえいえ!雨だからといって、着物でのおでかけを諦めないでください!

「着物・帯を買うのにお金を使ってしまって、雨用コートなどの雨具までまだ揃えていない。雨対策グッズは追々と購入を考えるとして、とりあえず、直近のおでかけで雨対策をしたい。」

そんな着物初心者さん、多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、とりあえず持っておきたい安く揃えられる雨具と100円ショップで代用できる着物の雨対策、そして、雨に強い素材の着物を紹介します。

 

目次

とりあえず持っておきたい、安く揃えられる着物の雨具

てるてる坊主
あ~した天気になぁ~れ

天気予報はハズレるよ、などとポジティブに思いながら、雨対策に次のものは準備しておきましょう。

  • 雨コート
  • 着物クリップ
  • 手ぬぐい
  • 草履カバー
  • 予備の足袋
  • エコバッグ

持っていると安心!雨コート

まずは、着物用のレインコートです。

レインコートがあるだけで、着物着用時に悪天候でも安心感がありますよ。

レインコートには、ワンピース型と、上下セパレートの二部式があります。

洋服よりも面積が大きく体全体を覆う着物は、コートで裾まで覆わないと雨に濡れてしまいます。

そのため、コート丈は重要です。

ワンピース型は、丈が短いと着物の裾が濡れてしまいます。丈が長いと、腰紐などを使って長さを調整する必要があります。

二部式は、上は丈の短いコート、下は裾除けに分かれています。裾除けで丈の長さを調整できるので便利です。

市販のものでジャストサイズは難しいので、「丈の長さ」という点で、「二部式」のほうをおすすめします。

草履カバーとセットで持っておくことをおすすめします!

着物用雨コート&草履カバーで、着物と足元の雨対策バッチリです!

裾の雨対策!着物クリップ

レインコートを着た、それでも、やっぱり着物の裾が心配!

ならば、着物の裾をめくり上げます。

めくり上げた裾を、着物クリップで帯に留めます。

上前、下前、それぞれをクリップで止めれば、歩いていても外れることなく、裾が着物クリップで帯に留められている状態です。

ちょっとびっくりな恰好になりますが、レインコートを着ているのでわかりません。

ただし、レインコートが風でめくれると、恥ずかしい・・・お気をつけください。

そして、目的地についたら、まずはトイレへ行って、めくり上げた裾を直してください。

着物クリップは、帯結びの時の仮留めなど着付けにも使います。

また、「着物の時、トイレってどうしてるの?」

というのは、よくある質問です。

答えは、裾をめくり上げて、この着物クリップで帯に留めます。

ですので、着物クリップは、着物おでかけグッズとして常にかばんに持っておくといいですよ。

洗濯バサミを着物クリップ代わりにお使いになる方がいらっしゃるのですが、洗濯バサミは帯を傷めます。

その点、着物クリップは、はさむ部分にゴムが付いているので帯を傷めません。

ぜひ、着物クリップは持っておきましょう。

いろんな柄があるので着付けも楽しくなりますよ。

猫好きの筆者、猫着物クリップは即買いでした。

雨対策のほかにも活躍!手ぬぐい

レインコートを装備しても、濡れてしまうことはあります。

濡れたところを拭くために、手ぬぐいを持っておきましょう。

手ぬぐいは、お食事にナフキンとしても使えます。

かばんの中で嵩張らないので、お天気に関わらず、着物おでかけグッズとして持ち歩くと便利ですよ。

足元の雨対策!草履カバー

次に、足元の雨対策です。

一番良い方法は、濡れてもいい草履を備えておくことです。

とは言っても、手持ちの草履、「濡れるのはいやだ!」という方には、こんな商品があります。

草履の底からすっぽり覆う草履カバーです。

底から覆うことで歩きにくくならないように、底部分には凹凸加工されています。

小さく折りたためるので、雨に備えて、雨の日の「おとも」に、携帯できます。

足元の雨対策!予備の足袋

予備の足袋をかばんの中に入れておきましょう。

履いていった足袋が濡れてしまったら、予備の足袋に履き替えます。

バッグも濡らしたくない!エコバッグ

バッグが濡れないように、バッグごとエコバッグに入れちゃいましょう。エコバッグが、バッグのレインコートです。

そして、おでかけ先で、道中で濡れたレインコートなどをエコバッグにまとめて入れます。

 

100円ショップで代用できる着物の雨対策

100円ショップ手ぬぐい
ついつい買ってしまう100均てぬぐい

「とりあえず、安く」着物の雨対策を紹介しました。

さらに、安く、身近なところで雨対策できますよ。

そうです!庶民の味方、100均です!

着物用雨コートがない!100円ショップ「ポンチョ」で代用

100円ショップのポンチョは、着物用雨コートの代用に使えます。

帯の下まで包んでくれるので、帯が濡れる心配なく安心です。

そして、ポンチョはズボっと被るだけなので、着脱が楽ちんなのもうれしいです。

ただし、下半身はカバーしてくれないので、裾除けの代わりになるものを用意しましょう。大判ストールや風呂敷などで代用できます。

いろんな柄が楽しい手ぬぐい

100円ショップの手ぬぐいは、柄バリエーションが豊富でかわいいものがいっぱいありますよ。

また、端処理してあるのが嬉しいところ。

モノトーン、ポップ、動物・食べ物などのモチーフ、シンプル&かわいいパターンの連続柄・・・・・ぜひ、お気に入りの柄を見つけて、着物おでかけグッズに加えてください。

足袋の代わりに100円ショップ「足袋靴下」

足袋タイプの靴下は、洋服のときも使えて便利ですよ!

 

 

雨に強い素材の着物

生憎の雨だワン!

生憎の雨・・・

でも、とりあえずこれだけあれば安心、という雨対策グッズを紹介しました。

さらに、着物が汚れに強く、おうちでも気軽に洗えるものだったら安心ですよね。

悪天候でも安心しておでかけできる着物を紹介します。

「洗える着物」はあるとホント、便利ですよ!

洗える着物でも東レ素材は、品質が高く絹そっくりで、雨の日のおしゃれにおすすめです。

雨ニモマケズ、着物生活を楽しみましょう!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

おおきに!